poti-espresso’s diary

晴読雨読ときどき絵

コンビニ人間

おはようございます。

今回は村田沙耶香さんの作品「コンビニ人間」を読了しましたので、紹介したいと思います。

コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)

 

 第155回芥川賞受賞作品で、著者本人もコンビニで働いていることで有名な作品ですね。

当時からずっと気になっていた作品で、やっと手に取る機会があったので即購入しました。

 

 

【あらすじ】

36歳未婚女性、古倉恵子。

大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。

日々食べるのはコンビニ食。夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが……。

「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。(表紙裏より)

 

私は最初の出だしで衝撃を受けました。

このエピソードが一番恵子のことがわかるかもしれません。

それは、どこかで飼われていた青い綺麗な小鳥が公園で死んでいて、その子を埋葬するシーンです。

 

P9 私には理解できなかった。皆口をそろえて小鳥がかわいそうだと言いながら、泣きじゃくってその辺の花の茎を引きちぎって殺している。「綺麗なお花。きっと小鳥さんも喜ぶよ」などと言っている光景が頭がおかしいように見えた

 

 

確かに!!

 

自分とは違う感覚を持っている人って私は嫌いじゃないです。

そう言われてみればそうかも!ってことが多いので、そういう発想を持っていない私には新鮮に思うからかもしれない。

それでも、子供の頃の私だったら受け入れられるかと言われると自信がないですが。

 

他にも、小学生の頃に男の子が喧嘩をして「止めて!」っていう声に、スコップで頭を殴って男の子を止めたシーン。

 

なるほど、合理的だ…。

確かにお互いに動きを止めることができたけど、度胸というか、感覚は確かに「普通ではない」のかもしれない。

 

そういうことがあって、あまりしゃべることがなくなった主人公の古倉恵子。

私も少しずれたところがあるみたいで、仕事場ではあまり喋らないようにしているので、そういうところで主人公との親近感を持ちました。

 

そんな主人公が「普通」でいられる唯一の場所は「コンビニ」でした。

コンビニで働いているときは社会の歯車の一部になれる。

36歳になっても就職せず、結婚せず、コンビニでバイトをしている恵子。

コンビニの食べ物を食べて、夢の中でもコンビニのことが頭から離れない。

まさにコンビニ人間

 

そんなある日、白羽という男の人がバイトで新しく入ってきます。

何かあればすぐに縄文時代の話をしだす男の人で、仕事どころか人に迷惑をかける始末。

当然バイトをクビにされるが、それでも恵子の前に現れて…。

 

恵子と白羽は、合理的な展開へと発展していきますが、それは本当に言葉だけの合理的だなという感じでした。

まわりが「普通」を強要した結果の代表。

まわりが「普通」になれと言ったから、合理的に「普通」になった。

けど、それって幸せか?って言われたら絶対にそうじゃないと思います。

まわりのそういう「普通」じゃなければ排除してしまう風潮の結果が描かれた物語だなと感じました。

 

読み進めていくうちに恵子の普通じゃないと、白羽の普通じゃないは対比でもあったのではないかと気づきました。

ひとに迷惑をかける普通じゃないは周りが悪いのではなくてその人が悪い。

ひとに迷惑をかけてない普通じゃないは、本人だけの問題なので周りが口を出してはいけない。

そういう2人の対比もあったように思います。

心に響いた言葉

P54

皆、変なもの人は土足で踏み入って、その原因を解明する権利があると思っている。

私にはそれが迷惑だったし、傲慢で鬱陶しかった。あんまり邪魔だと思うと、小学校の時のように、相手をスコップで殴って止めてしまいたいときがある。

 

なんで結婚しないの?なんで仕事してないの?なんで子供産まないの?とか言ってくる人って確かに世の中いっぱいいて、その原因を知りたくてきいているのか、ただの好奇心なのかがわからないときがあります。

からしたらどっちの理由でも鬱陶しいなって思うことがあるので共感しました。

かといって、私もそちら側の人間でもあるのでお互い様なんだろうけども…。

「普通」に生きるのも、強要しないという行為もどちらも難しいなと思いました。

 

こんな人におすすめ

・「普通」ってなんだろうって思っている人

・「普通」を強要されて苦しい人

・純文学を読んだことがない人

 

 

この本の最後は私的にはスッキリした話でした。

ネタバレになるので書きませんが私は単行本P150の恵子の「いえ、誰に許されなくても~」のセリフが一番好きです。

スッキリとした読了感はたぶんここが一番良かったからだと思います。