poti-espresso’s diary

晴読雨読ときどき絵

下町ロケット

f:id:poti-espresso:20210419145000p:plain

おはようございます。

今回は池井戸潤さんの作品「下町ロケット」を読了しましたので、紹介したいと思います。

下町ロケット (小学館文庫)

下町ロケット (小学館文庫)

 

 

 第145回直木賞受賞作品で、ドラマ化もされましたね。

私はドラマを見てからこの本を読みました。

 

 

【あらすじ】

「お前には夢があるのか? オレにはある」

研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。
圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。
特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた――。
男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!
第145回直木賞受賞作。

池井戸潤、絶対の代表作。」(Amazon説明)

 

こんな人におすすめ 

  • 熱いお仕事小説を読みたい。
  • 社会・仕事について知りたい。

 

私は特に仕事についての情熱を忘れた人や、これから社会人になるけど、どういう気持ちで取り組めばいいん?って人にこそ読んでほしいです。

お仕事小説とはいえ、小学館から出版されているだけのことはあり、専門用語とかちらほらでても、しっかりとあとから解説が書かれているため勉強にもなると思います。

 

読み始めからどん底すぎて「これ、どうやって巻き返すん!?」って思いながら読み進めていました。

でも、読み進めていくにつれて池井戸潤さんの魅力にはまってしまいました。

池井戸潤さんの小説は数多くドラマ化されており、まだ観てないものも多いですが、毎回面白いです。

そして、ドラマ化されているとはいえ、やはり小説のほうが私は理解が深まった気がします。

ビジネスについて書かれていて難しそうと思っている人でも読みやすい作品なのでぜひお手に取っていただきたいです。

 

物語は、主人公である佃製作所の佃がまだ研究員だったころの話から始まります。

研究員だった佃は製作所を継ぐ前にロケット打ち上げに尽力をそそいでいました。

しかし、そのロケットの打ち上げは失敗に終わってしまい、研究職を辞め、家業を継ぎます。

家業である佃製作所を継いだ佃は、製品開発で業績を伸ばし、社長業を立派にこなしていきました。

そんなある日、あるメーカーから特許侵害で訴えられ、佃製作所は銀行からの融資も滞ってしまいピンチに。

裁判での兵糧攻めにもあい、佃製作所は絶体絶命へ。

そんな時、特許関連の裁判に詳しい神谷弁護士を紹介してもらって特許の見直しや、裁判をようやく終結させます。

しかし、この裁判の出来事はこれだけに終わらず、この裁判にて特許の見直しを行ったことにより、大企業であり、ロケット開発を進めている帝国重工の目に留まることに!

ますます目の離せない展開へと物語は加速していきます。

 

 帝国重工の人はほとんどが中小企業を小ばかにしたような態度をしていて腹が立ちました。

私は実際そういうところも目にしているから、リアルさを感じました。

その中でも財前さんは企業見学をして態度を改めているところとか、とてもスッキリします。

読了後の達成感と感動がなんとも言えないです。

登場人物は多いですが、主要人物さえ覚えておけば最後まで読むことが出来ます。

 

心に響いた言葉

P333「なにが正しいかは、後になってみないとわからないさ。肝心なことは、後悔しないことだな。そのためには、全力を尽くすしかない」

帝国重工のバルブシステムのテストを受けるにあたり、佃の母が佃に「家業を継がないと聞いて父さんはがっかりしていたけど、大学での研究があったからこそ、いまの佃製作所がある。あなたのほうが正しかったのかもしれない」と言われた後に佃が返した言葉。

今勉強していることがまわりまわってどういう風に自分への追い風になってくれるかなんて後からじゃないとわからない。

けど、その時その時で後悔しないために全力を尽くしていたらどこかで役に立つかもしれない、でも、それが正解とは限らない。

結果は後からついてくる。

私も今やっていることを後悔しないように全力で取り組みたいと思います。

 

P398「俺はな、仕事っていうのは、二階建ての家みたいなもんだと思う。一階部分は、飯を食うためだ。必要な金を稼ぎ、生活していくために働く。だけど、それだけじゃあ窮屈だ。だから、仕事には夢がなきゃならないと思う。それが二階部分だ。夢だけ追っかけても飯は食っていけないし、飯だけ食えても夢がなきゃつまらない。お前だって、ウチの会社でこうやろうとか、そんな夢、あったはずだ、それはどこ行っちまったんだ」

 

会社を辞めようとしている真野を諭している佃の言葉。

この言葉を聞いて、仕事に対しての夢って大事だなと思いました。

自分の場合、夢があるからこの仕事にしたってわけじゃないから、後追いでもいいから夢を見つけたいと思います。

そのためにはやはり勉強しなくてはいけないのでまだ時間はかかりそうですが、じっくりとやっていきたいです。

この諭されている真野についても、最後は報われていて感動しました。

心が広いから佃製作所には従業員に恵まれているんだろうなぁ。

 

 

今回は下町ロケットについて紹介しました。いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは!