晴読雨読ときどき絵

[poti-espresso’s diary」本や絵や趣味の日記

2021年10月読書メーターまとめ

f:id:poti-espresso:20211110090523p:plain

おはようございます。

少し遅くなりましたが読書メーター10月分まとめです。

勉強していたからあまり読書できませんでしたが、少しずつ積読消化しようと思います。

 

 

10月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:754
ナイス数:68



余命一年、男をかう余命一年、男をかう感想
最初の出だしから主人公の唯は私か!?って思って読んでました。別にそんな倹約家ではないけど、思考の合理性とか考え方がもうそっくりすぎる!!で、そんな唯がガンになってから治療をしないという選択をする。うん。この思考も私とそっくりすぎる。だってガンになったら私の中でそれが寿命だと認識してるし、長く生きなくてもいいと思ってるから。けど、ピンクの髪の毛の男に出会って恋に溺れていく…という物語を描いていたけれどもそうでもなくて頭の中はもう「!?」ってなってました。私と同じ思考をしてる人はぜひ読んでほしいです。面白い。
読了日:10月01日 著者:吉川 トリコ

 


マンガでわかる シンプルで正しいお金の増やし方マンガでわかる シンプルで正しいお金の増やし方感想
本当にシンプルでわかりやすい内容でした。自分の認識を再確認することができたのと、また違う知識を吸収することができました。FPについてわからないことが多かったので今回正体を知ることができたのがまた良かったです。得する話なんてカモにされて、他の人が倍得している話が多いけど、どこにお金が回っていくかということを知ることができました。中身は漫画がほとんど占めており読みやすいので、お金について知りたいけど難しそうです手が出せないって人におすすめです。主人公が論破しているところが爽快です。
読了日:10月05日 著者:山崎 元,飛永 宏之

 


桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)感想

学生の頃のカーストって今も昔も延々と続いている気がします。いつの時代もあの人は自分よりも上にいて、この人は多分同じ下の人間という抽象的な感覚ってあったなということを思い出します。ただの青春小説かなと思っていたけど、上の人が常に幸せに生きていて羨ましい!って思っていても、本当はその人の家では…なんてことザラで。映画を昔見ましたが、正直な話原作を読んでいなかったからかあまり理解できなかったけど、今回原作を読んだので機会があればまた映画見てみたいなと思います。次は違う視点で観れるかも。ちなみに桐島くんは出ません
読了日:10月11日 著者:朝井 リョウ

読書メーター