晴読雨読ときどき絵

[poti-espresso’s diary」本や絵や趣味の日記

世界から猫が消えたなら

おはようございます。

今回は川村元気さんの作品「世界から猫が消えたなら」を読了しましたので、紹介したいと思います。

 

川村元気さんは有名な映画プロデューサーでして知っている方も多いのではないでしょうか。

電車男』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』などを製作しており、本書は初めての著作だそうです。

 

ちなみに私がこの本を買った理由は、映画化したりと話題になっていたのもそうですが、表紙の猫が見つめている姿が可愛くて購入しました。

 

 

 

目次

 

あらすじ

郵便配達員として働く三十歳の僕。

ちょっと映画オタク。

猫とふたり暮らし。

そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。

絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。

その男は自分が悪魔だと言い、奇妙な取引を持ちかけてくる。


「この世界からひとつ何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得ることができる」


僕は生きるために、消すことを決めた。

電話、映画、時計……そして、猫。
僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。

僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。
二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作!

amazonより)

 

こんな人におすすめ

 ・軽やかな文章で読書を楽しみたい

・哲学について知りたい

・世界から電話、映画、時計、猫が消えた世界を知りたい

 

中身は軽やかな文章で綴られており、読みやすいのでサクサクと読み進めることが出来ます。

サクサク読み進めることが出来るだけに要注意です!

油断していると涙で顔がぐちゃぐちゃになります。

私は2回目の『死ぬまでにしたい10のこと』の内容からずっと涙が止まりませんでした。

 

中身は家族愛と哲学が詰まった濃いものとなっています。

川村元気さんのはじめての本っていうの本当ですか?

って言いたくなるぐらいに内容が良すぎました。

哲学入門書としてもおすすめです。

哲学書を読んだことありませんが…)

 

もし、電話がこの世からなくなったら?

もし、映画がこの世からなくなったら?

もし、時計がこの世からなくなったら?

もし、猫がこの世からなくなったら?

 

これらは自分の命よりも重いのか、軽いのか。

影響度は自分が死ぬよりも重大なのか、そうでないのか。

この世に要らないものはどのくらいあるのだろう。

 

そして、その消すものは「僕」の大切な存在であったはずのモノが対象となっているのがまた面白いです。

消えたモノがいかに自分には必要だったか、そして、それのおかげでの果たされた再会も。

家族や恋人や友達との関係についても考えさせられる物語でした。

 

心に響いた言葉

P45

人間は、何も失わずに、何かを得ようとする。それならまだいい。いまは、何も失わずに、何もかも手に入れたい人ばかりいだという。でもおそれは奪う行為に他ならない。だれかが得ているそのときに、だれかが失っている。だれかの幸せは、だれかの不幸の上に成り立っているのだ。

「僕」が母親によく言われていた言葉。

等価交換って本当にあるんだなと思いました。

何かを失わないといけないという発想がなかったので確かにと納得しました。

肝に銘じておきたいです。

 

P168

「人間と猫はもう1万年も一緒に生きてきたのよ。それでね、猫と一緒にいると、人間が猫を飼っているわけじゃなくて、猫が人間のそばにいてくれてるだけなんだっていうのが、だんだん分かってくるのよ」

猫を飼いたい身としてはこの言葉は覚えておきたいと思います。

人間にとって欠かせない存在になる理由が本書を読んで理解することが出来ました。

猫を飼っている人にも、飼っていない人にもその意味を知るためにぜひ読んでほしいです。

 

P178

家族って「ある」、ものじゃなかった。家族は「する」ものだったんだ。僕らはただ血がつながっているだけのふたりの個人だった。
最近になってこういう言葉を目にするようになり、自分の考えの幼稚さに反省しました。
家族だからといっても他人は他人って思っていましたが、家族をするって考えが足らなかったので本当に猛省です。

 

あとがき

ここには書ききれなかった『心に響いた言葉』がまだまだありましたが、3つだけに絞りました。

人として大切なことがギュギュっと書かれた一冊でした。

読書初心者の方や初めて読書をする方にも楽しめれる内容となっています。

寧ろ初読書の方はこの本から読んでみてほしいです。

読書にはまるキッカケになるかもしれません。

 

以下「世界から猫が消えたなら」のネタバレです。

気になった方は本作を読んでからぜひ読んでください。

 

ネタバレ
お母さんの手紙は間違いなく誰もが泣いたのではないでしょうか。本書では語られなかったけど、お父さんがお母さんの時計をずっと修理していた理由は、お母さんにプレゼントした時計をなおすことによってお母さんの様態を治すことが出来ると信じていたからではないでしょうか。そして、なおすことによってお母さんが笑顔になってくれたら嬉しいという期待もあるように思います。本書で語られていない、勝手な想像ですので違う解釈をしている方もいるかもですが、それも踏まえて面白い作品です。多くを語らないけど、本で相手の想像を掻き立てる本は良書だと思います。伏線回収が鮮やかな作品もいいけどたまにはこういう考えさせられる本も好きです。

 

ってことで、今回は川村元気さんの作品「世界から猫が消えたなら」でした。

いかがでしたでしょうか?

選書の参考になれたらうれしいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは!